FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「海洋天堂」を観て大泣き

前からずっと観たくて、レンタル店で探していたのだが

先日やっと見つけて鑑賞できた。

ジェット・リー主演の「海洋天堂」



自閉症のひとり息子をもつ父親が

末期がんで余命を宣告され、
(ちょっとネタバレっぽいので閲覧注意)

心中を試みるが、失敗し、

息子を残り少ない時間に

自立に向けて教えていくという内容。

私の息子も自閉症スペクトラムという

障害があるので、

自分のことと置き換えて

もう涙、涙で、観ていてボロボロ泣いて

しまいました。

ジェット・リー(元リー・リンチェイ)は

アクションスターなので、

こんなにすばらしい父親役ができるということも

感動したし、息子役の人の

自閉症の演技があまりに違和感なくて

「え?この人本当の自閉症?」と思ったくらい。

この映画を観て思い知らされた。

私はずっと現実から目をそむけていたって。

私のほうが先に死ぬんだよ。

あと何年生きれるかなんてわからない。

その間に息子に教えなきゃいけないことは

山ほどある。

でも、つい面倒くさくて「私がやればいいや」と

先回りしてやってしまう。

自分でやらせなきゃ覚えられないこと

いっぱいあるのに。

料理を作ったり、

スーパーに買い物に行ったり

マックでハンバーガーを注文したり・・・。

自分一人でやれるようにならなければ

いけないこといっぱいある。

それを痛く痛感させる映画でした。

そしてまた気づいた事がある。

私の終活は、いらないものをどんどん

捨てることが第一だったが、

息子を自立に向けて教えていくことが

私の本当の終活なんじゃないかと・・・。


ランキング参加中!ポチっと押してクリリン★いつも応援ポチありがとうございます!
banner.png

↓こっちもよろぴくお願いしやんす
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。